~飯豊山の豊かな自然と清流に恵まれ出来た酒~

秘湯どぶろく

湯の華とどぶろく

天正年間

金採掘者が発見したといわれている”間欠泉”

400年の刻を経て再現した温泉宿湯の華

 

その湯の華が

飯豊山ぶな原生林の湧水を源とする白川の清流で育てた米と、

このぶな原生林の湧水で醸しだした

当館自慢の“秘湯どぶろくをご愛飲ください。

 

”どぶろく”とは

本来五穀豊穣を神に感謝し神への貢物として神前に供えたものと考えられている。

 

当社で醸す“秘湯どぶろく”は本来の趣旨に鑑み、酒の神様である京都松尾大社へ酒業繁栄を祈願し純米醸造を開始いたしました。


ご宿泊とともに、当館限定の味わいをお楽しみください

この“秘湯どぶろく”の市販のものは、火入れを行い酵母の発酵を休止いたしましたので、どぶろくの特徴である酸味を極力抑えアルコ-ルと甘みの調和のとれたまろやかな

口当たりに仕上がっております。

また、深山幽谷に佇む間欠泉の宿、湯の華での飲用は生酒の状態でどぶろく特有の

コクのある飲み口となっております。

 

採りたての山菜料理・米沢牛ステ-キと味わっていただければ幸いに存じます。

※ご宿泊時にご提供しております(お土産での販売はしておりません)

1本300ml 1,200円(税込)

 


美味しさの秘密 1

どぶろくは素材の良さが味を決めます。

飯豊山の豊かな自然に育まれた「美味しい水」、そして美味しい水で育てた米どころ山形の「美味しい米」を使って作られる秘湯にごり酒は、この土地だからできた味わいです。


美味しさの秘密 2

大量生産ではなく、限られた量を丁寧に発酵させました。

まさにわが子を育てるように、冬の間毎日、その日の気温と天候に合わせて人の手によって温度管理を行い、1本1本手作業で瓶詰めしております。


美味しさの秘密 3

食は「地産地消」が最も美味しいと言われます。

飯豊山の自然の恵みで作ったお酒とこの土地で育った山の幸を味わう贅沢。採れたての山菜やヤマメ料理などと一緒に味わえるのは当館ならではの魅力です。